oラインは優しい光脱毛で

vioラインの脱毛は非常に気を使います。特に粘膜に近い部分は下手に負担をかけると、下着との摩擦程度であってもヒリヒリしたり痒みが現れるようになりますので、皮膚への負担を減らすことを一番に考えなければなりません。

除毛も一見肌に優しいように感じますが、カミソリやシェーバーで剃る時には皮膚の表面も一緒に削りとってしまいますので、そうすると肌が再生するまではしばらく無防備な状態で過ごさなければなりませんのでおすすめできません。

久留米にあるダメージが少なく肌に優しい脱毛サロンを探す

誤った自己処理は皮膚の黒ずみの原因にもなります

特にoラインは皮膚の特性上処理が難しい部分ですので、サロンやクリニックで専門的な施術を受ける必要があります。

肌に優しいことで定評があるのがサロンで行われている光脱毛です。皮膚が薄くてデリケートな部分でも、優しく照射を行うことができます。

デリケートな部分は痛みを強く感じるものですが、光脱毛は現在行われている方法の中でももっとも痛みの小さい施術に入りますので心配はいりません。

照射される光は肌改善の効果もある

施術を進めていくとムダ毛をどんどん無くしていくことができますが、効果はそれだけでなく色素沈着や毛穴の開きといった肌トラブルまで改善できます。

なぜそのような美肌効果が得られるのかというと、照射される光の作用によって肌中のコラーゲンを生成する働きが活性化されて、潤い成分が増加するのに伴い水分の量も増えるからです。肌細胞の働きが活発になって生まれ変わりが促進されます。

脱毛の副作用でむくみが起きた時は

肌のムダ毛を自己処理するのは面倒ですし、肌にダメージを与える心配もあります。サロンやクリニックでプロの手によって施術を受ければ、安全につるつるの肌を手に入れることができます。

医療レーザーは永久効果がある程の刺激を与えるのでむくみが起こることがある

特にクリニックでは毛根を破壊する医療レーザーを用いて施術を行いますので、永久脱毛が可能です。くすみやしみが消えるなど美白効果があるとも言われます。

しかし、サロンやクリニックの脱毛は、むくみや腫れ、肌の赤みなどの副作用が起こることがあります。脱毛によって起こる副作用の内、もっともよくみられるのは炎症性浮腫と呼ばれるむくみです。

むくみとは、通常、血液中の水分や間質液が血管外に染み出し、細胞間に過剰に溜まった状態を言います。むくむ原因は、一般に水分や塩分の過剰摂取、冷えなどが考えられます。

脱毛による炎症性浮腫は誰にでも発生する症状

しかし副作用による場合はやけどによる炎症が原因です。施術時は、毛根に熱を加えます。すると、毛だけでなく皮膚組織も熱によるダメージを受け、軽度のやけど状態となります。

肌を守ろうと血液中の成分が血管外ににじみ出て、細胞間にたまることでむくんだ状態になります。脱毛による炎症性浮腫は、施術を受けたほとんどの人に起こる症状です。

通常はそのままにしていても数日で治ります。サロンやクリニックによっては施術後に保護クリームを塗布したり、抗炎症作用のある薬を処方してくれるところもあります。

しかし、薬を使用して数日経っても症状が治まらず、むくみがあまりにひどかったり、赤く腫れたりするようであれば、サロンやクリニックに連絡しましょう。

こういったトラブルが起きた場合は無償で診察や薬の処方をしてくれるクリニックもあります。カウンセリング時には、肌トラブル保証があるかどうか確認しておくといいでしょう。