脱毛を行うタイミングは逆算によって計画すること

脱毛にかかる期間は、全身か部分か、また個人個人の肌や毛根の性質などによって異なります。一応の目安としては早くて半年、遅くて1年くらいを想定しておくと良いでしょう。

では、結局どのタイミングで始めれば良いのかといえば、それは完了させたい時期から逆算して計画を立てることにより決めることになります。

露出が増える春夏から初めても間に合いません

具体的な例を挙げると、露出が増える夏の始め頃までには脱毛を完了させたいと仮定して話を進めます。当然ながら露出が増えるといって初夏の時点から開始しても間に合いません。

かといって、少し前の冬の終わりから春にかけては予約者でいっぱいになり、結局間に合わないことが多いでしょう。

したがって、基本的には余裕をもって半年以上前から行うこと計画すれば、秋から冬の初めにかけて開始するのが一番良いタイミングといえます。

上記はあくまでも一例なので、実際には各サロンやクリニックなどでのカウンセリングや事前診断などによって医師とよく話し合い、慎重に計画していくことになります。

次の夏までに綺麗になれる!今から始められる久留米の脱毛サロンを探す

脱毛は毛周期の関係で施術速度を早めることは難しい

施術の進行具合によって多少は調整できるとしても、大幅に早めることは出来ないので、必ず余裕を持った計画を立てることを心掛けておきましょう。

脱毛を行うタイミングは、いつまでに終わらせたいなどの目的ではなく、突発的に実施することや、単に予約が取りやすいから行うなども選択肢のひとつになります。

自分が好きなタイミングで脱毛が実施できるならば、その方がストレスにならない場合も多いでしょう。

ロキソニンの服用と脱毛の可否・問題点について

脱毛施術は機器によって強い光を照射するというその性質から、肌へのダメージや痛みがどうしても生じる事となります。その為、ある程度体調が良い時で無ければ施術出来ないケースが多く、各サロンでは様々な基準を定めています。

ここで問題になるのは、普段から何らかの薬剤を服用しているケースです。

特に頭痛薬等の痛みの感覚に作用する薬剤に関しては、脱毛施術の痛みに関しても通常とは違う状況を齎す可能性がある事や、服用する状況にある事自体が体調面で問題があると判断されるケースがあり、施術拒否の事由となり得ます。

サロンや医療機関によって施術ができるかどうかは異なる

例えばミュゼプラチナムにおいては、頭痛薬の代表格であるロキソニンを服用した場合、施術不可となる事が規定に明記されています。

一方で医療機関におけるレーザー脱毛においては、ロキソニン服用を問題無しとするケースも見られます。服用を検討する状況では、施術の依頼先にしっかりと確認を取って置く必要があると言えます。

また施術後のロキソニン服用については規定上の問題はまずありませんが、体質によってはホルモンバランスの崩れを呼び込む場合があります。

そうなった場合、肝心の脱毛効果にも影響を及ぼす可能性を否定出来ない事から、可能なら服用を控えた方が良いという事になります。

なるべく施術中は服用を控えた方が良いでしょう

何れにせよ、ロキソニンを始めとする頭痛薬の施術前後の服用は、推奨される行為とはされません。

体調面を鑑みつつ、あまり良くない状況が早めに解かるような状況では予約・施術日の変更で対処する事も、考えた方が良いと言えます。